ホーム
/
採用情報
/
職種紹介・社員インタビュー

職種紹介・社員インタビュー

製造部

製造部
製造部

改善活動を繰り返し、よりよい商品を

原料・資材を受け入れ、製品を作りあげる工程までを担当する九星飲料の中枢を担う部門です。
製造部の仕事は、製品を製造するだけではなく多岐に渡ります。さまざまな製品内容液や容器に対応する技術力が弊社の強みであり、製造の原動力とされています。日頃から改善活動を繰り返し、作業環境の向上、生産性の向上に努めております。
また機械のメンテナンスはもちろん、パッキン1つから徹底管理を行うといった異物混入対策などを実施し、現場からひとりひとりの意識を高く持ち品質の作りこみを行っています。

社員インタビュー

製造部製造課

製造部製造課

お仕事内容を教えてください

私はずっと製造課で働いてきました。数年前から現場は離れて、社員教育に注力しています。ミスが起こらない環境づくり、気持ちよく働ける職場環境を目指しています。マニュアルにも動画や写真を取り入れて、ひと目でわかるような作業環境を心がけています。

気をつけていることを教えてください

若い人が、どういうことを考えているか、どういう状態なのか、把握しながら指導しています。例えば「この担当者は、こういう雰囲気だから、こういう風な伝え方しようかな。」など洞察力を高める努力をしています。
一つのことばかりに意識がいくと、ミスにつながったりするので、いろんな要素を含めて最善のアドバイスができるように意識しています。また、指導する前には下調べをしっかりしています。

社内の教育体制など教えてください

新製品の開発では、営業や技術課が窓口となりますが、製造のプロとして発言する場面も多いです。お客様からの問いかけに対して、精査して最適な製造工程や条件を提案できるようにしています。大きなロット、大きなプロジェクト、お客様が社運をかけた製品など、立ち上げができたときには大きなやりがいを感じます。 お客様から言われたことに、“まずはチャレンジする”姿勢はスゴイところです。苦労もありますが、その分、私達の技術力も上がりますので良い社風だと感じています。

製造部製造課

製造部製造課

お仕事内容を教えてください

九星飲料の製造の仕事は、大きく分けると3つの工程に分類されます。①内容液を作る工程②容器に充填する工程③ラベルを巻いて梱包する工程。私は、①の調合係というポジションで働いています。飲料を作ると言っても、非常にスケールが大きく、2万リットル入るような巨大な溶解タンクに水を張って、その中に原料を大量に投入していきます。体力を使いますので、体育会系の人が多い部署ですね。

気をつけていることを教えてください

一番気をつけているのは、原料の種類や数量を間違えないことです。当たり前の事ですが、人が行う作業に「間違い」は付き物です。大切なのは、その間違いが起こらないようにする仕組み作りです。私たちは、指差し確認やダブルチェックを行い、基準書を確認しながら必ず二人体制で調合するなどミスの防止に努めています。調合工程は製造全体のスタートとなるポジションのため、ここでのミスはその後の工程全てに迷惑をかけることになるので、責任感を持って仕事をしています。

社内の教育体制など教えてください

製造現場は体育会系ということもあって、部署でのチームワークや先輩後輩のつながりは抜群です。教え上手な上司や先輩がたくさんいます。マニュアルひとつ作るにも、映像にしたり、写真や図解でわかりやすく伝えたいという熱意を感じます。押し付けではなく「気付き」を与えてくれる指導ですので、早いうちから工場や会社の全体像を把握できます。